« 消えた。 | トップページ | 今回のSONGSは忌野清志郎 »

2008年2月 5日 (火)

今回のSONGSは世良公則

ただいま新・ヤッターマンOP騒動の渦中にいる世良公則氏。
そんな騒ぎになるほど酷い音なのか? と試しに当該主題歌を聞いてみたら「確かにこれは……」というか、熱がないというか、『ミュージシャンの俺様がアニメ主題歌なんぞまともにやってられっか!』的やる気のなさというかが漂っていたので、これがこの歌のみの現象なのか、それともこれが現在の世良氏の実情なのか知るためにSONGS見てみました。

メニューは以下の通り。

  • 燃えろいい女(※1)

  • 宿無し(※1)

  • あんたのバラード(※2)

  • 銃爪(※2)

  • Jacaranda-ジャカランダ-


  • ※1 GUILD9(Gt:野村義男、Ba:櫻井哲夫〔カシオペア〕、Key:神本宗幸〔ツイスト〕、Dr:横瀬卓哉)
    ※2 Gt:Doug Aldrich〔Whitesnake〕



    スタッフに「あなたの歌には感動がない」と言われて以来、歌う時の大げさなアクションをやめ、アコースティックギター一本でシンプルに歌うスタイルを取り入れたという世良氏。
    歌は相変わらず力強かったし、楽しそうなのも伝わってくるんですが……、うーんやっぱり熱がない。
    これほど力強く歌っていても、熱が入らないものは入らないんだなと感心したくらいでした。
    この熱のなさに思い切りの悪さというかハジケ足りなさが加わったものが、件の新・ヤッターマンOPという感じでしょうか。
    かつてはあれほど熱のこもった歌を歌っていた人なのに。実際、番組の冒頭でチラッと映った過去映像からは、あれほど気合いが伝わってきたのに。
    過去のヒット曲を歌っても何も伝わってこなかった、残念な30分間でした。

    でも、ひとつだけ収穫がありました。
    それはゲストギタリストとして呼ばれたダグ・アルドリッチ氏のアコギが聞けたこと。
    さすが現・ホワイトスネイクのギタリストというか、ギターが表情豊かに歌っていました。それが聞けただけでも、この番組を見た甲斐がありました。


    さて、来週はいよいよキヨシローだ!

    ----------------------------------

    |

    « 消えた。 | トップページ | 今回のSONGSは忌野清志郎 »

    音楽全般」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511295/10277535

    この記事へのトラックバック一覧です: 今回のSONGSは世良公則:

    « 消えた。 | トップページ | 今回のSONGSは忌野清志郎 »